ボディメイキング研究所

身体と性格の悩み、ペニスサイズアップや恋愛など ライフスタイル向上ブログ

筋トレサプリ アンチエイジング 若返り ペニスサイズアップ 発毛・育毛 ダイエット 性格を明るくする薬

最貧困女子とはなにか?出会い系サイトで個人売春して暮らす女子たち。

最貧困女子という言葉を知っていますか?

このノンフィクション本によって有名になった言葉です。

著者が貧困状況にある女子数人にインタビューし、彼女たちの最貧困に至るまでの遍歴と、現在の悲惨な状況について書いた本。 とても面白い本です。

《クリックでAmazonのページへ》

最貧困女子 (幻冬舎新書)

最貧困女子 (幻冬舎新書)

 

『最貧困女子』(幻冬舎新書)の紹介

 まずは基本:貧困と貧乏の違いについて

◆貧乏=お金が無い

貧乏は「貧乏でも明るい家庭」とか、「子どもの頃は貧乏だったけど楽しかった」という発言もあるように、貧乏=不幸せ、ではありません。

◆貧困=お金が無く困窮している

貧困は、お金が無いことで困窮している状態。つまり、貧困=不幸せな状態にある、ということです。

最貧困女子とはどんな女子?

 最貧困女子とは最も貧困な状況にいる女子ですが、この本ではある特定の女子を指しています。

彼女達の今の状態を説明すると、出会い系アプリで個人売春をして月数万円の収入で1人暮らし(またはシングルマザー)をしているが、家賃滞納で夜逃げを繰り返したり等、かなり困窮状態にある女子のこと。

なぜ、そんな生活をしているのか?悲惨にも最貧困女子になってしまうのは、そこに至るまでの経緯(人生)があります。

How to be 最貧困女子 /どうやって最貧困女子になるの?

1:セーフティーネットが無い

「貧困に至る3つの無縁」という言葉がある。

【貧困に至る3つの無縁】

  1. 血縁との無縁
  2. 行政との無縁
  3. 地域との無縁

◆【血縁との無縁】

最貧困女子は子どもの頃にDV(家庭内暴力)を受けていた人が多い。積極的虐待もあれば、ネグレクト(消極的虐待)もある。

ネグレクトとは、普通の親のように子どもをケアしていないこと。例えば、毎日同じ服、不潔なまま放置、食事はカップラーメンばかり、など。

両親を信頼出来ず、憎しみすら覚えている。縁を切りたいとすら思っているので、大人になってからは一切連絡を取らず、困窮しても親も親戚も頼りませんし、実際、親は頼りになりません。

◆【行政との無縁】

家庭内に問題を抱えた子どもが中高生になると、夜の街を徘徊する不良少年少女となります。家に居たくないのです。

f:id:bodymaking:20170704002004j:plain

同じ境遇の仲間と夜の街にたむろし、女の子は先輩の勧め(または命令)から、援助交際を経験。

そんな生活なので、警察の補導対象となります。

家庭内暴力など、問題のある家に居たくない彼女達。本当は警察や学校や役所が、彼女達にシェルターや施設など、逃げ場を提供してあげればよいのです。しかし、手続きや条件など、いろいろ面倒なので、警察は彼女達を無理やり家に帰してしまう。

学校も同じ。不良少女として嫌われている彼女達。彼女達の良くない行いを、学校は家庭に報告します。

これらの体験から、最貧困女子に特徴的な「行政への強い不信」が生まれます。

  • 「国や市町村などの行政は自分を助けてくれない」
  • 「行政機関に見つかると自分にとって困ったことになる」

そんな強い信念が出来上がってしまうのです。

◆【地域との無縁】

不良少女は恋愛も結婚も早い。いつも夜に集まっていたグループの仲間も、彼氏と一緒になったり、結婚したりと、一緒に遊ばなくなっていきます。

  • 「いつまでも地元に居てもつまらない」
  • 「都会に行きたい」

先に都会に行き暮らしている先輩もいるので、少女は家出同然で都会に向かいます。

地元を離れることで、地域コミュニティー、地元の仲間との縁が途絶えます。

f:id:bodymaking:20161204011835j:plain

2:都会で生きる困難

 DVなど問題のある家庭に育った子どもは、それが原因でコミュニケーションや社会性の面で性格に問題があり、うまく周りと協調出来ない子が多い。そのため、コンビニなどのアルバイトを始めても、残念ながら、すぐに辞めるかクビになってしまう子が多いのです。
もともと中高生の頃に援助交際の経験があるので、彼女たちは都会に出てきた早い段階で風俗業界で働き始めます。

f:id:bodymaking:20161117010558j:plain

3:容姿の良し悪し

 最貧困女子に落ちる最後の原因です

10代後半で都会に出てきた少女。最初は「若さ」が魅力となり、金払いのよい風俗店で働けます。しかし、20代になると「容姿(見てくれ)」での評価になります。

最貧困女子は残念ながら「容姿に恵まれていない女子」なのです。

風俗業界はもともとストレスも多く、同じ店で長く働いている女性はいません。無断欠勤、無断退職は当たり前。勤務態度も悪く、どんどん辞めたり、クビになったり。店から店へと勤務先を移動します。

容姿に恵まれない女性が風俗店の面接に行くと、

  • 「おまえみたいなブスが来るところじゃない」
  • 「整形とダイエットして出直してこい」

など、酷いことを言われ不採用。そして、どんどん収入の安い風俗店へと下っていきます。

4:最底辺の風俗店

 そして、最底辺の風俗店で働きますが、最底辺風俗はとても長期で働ける待遇の店ではありません。そこを辞めて、出会い系サイトで個人売春をしてお金を稼ぎだします。

ちなみに、『最貧困女子』に出てくる最底辺の風俗店の名前はサンキューグループという店です。下記のリンクは摘発された時の記事ですが、サンキューグループは今でも営業を続けています。

nikkan-spa.jp

著者が最貧困女子を取材していて、彼女達から「最後に勤めていた店」としてよく名前が出てきた店です。

正確には店舗ではなく、デリバリー風俗嬢派遣の会社。女性はサンキューグループに登録します。客はサンキューに風俗嬢の派遣先を連絡(自宅やホテル)。女性はサンキューに言われた派遣先でお客に性的サービスを提供します。

  • お客が支払う料金:30分3900円
  • 風俗嬢の受取る金額:2500円

この金額で、本番のSEX(違法だが店が強要)、アナルセックス、SM、食糞など、ほとんどNG行為無しの、すべてのサービスをしなければなりません。
こんな店、辞めて当然です。とても続けられないでしょう。

5:出会い系サイトで売春

 そして、彼女達は出会い系サイトで個人売春を始めます。しかし、個人売春ではお客は簡単に見つかりません。まして、容姿に恵まれていない彼女達です。

「お客がこのまま見つからなかったら大変だ」

そういう焦りと不安を感じながらも、「生きようと」、毎日頑張っています。

最貧困女子の中にはシングルマザーもいます。また、知的障害を疑わせる女性もいます。

『最貧困女子』は、そんな大変な困窮状態にありながら、必死に生きようとしている女性たちのドキュメントです。

ちなみに、最貧困女子の意外な特徴は「借金が無い」ことです。借金に対する強い恐怖心も彼女たちの特徴だそうです。 

映像作品:最貧困女子ドキュメンタリー

 最貧困女子を扱ったドキュメンタリー作品をYOUTUBEで観れます。


刹那を生きる女たち!最後のセーフティーネット

2014年第23回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品

『刹那を生きる女たち』約45分

 3人の女性が登場します。

  1. 再貧困女子                           
  2. シングルマザー
  3. 精神病

最初の1人目の女性が幻冬舎新書『最貧困女子』に出てきたタイプの女性です。

大変興味深く面白いドキュメンタリーです。顔出しで出演した女子たち勇気にも感服します。試聴をおすすめします。

ア・ソ・コの悩みなら【リザベリン】