ボディメイキング研究所

身体の悩み。性格の悩みの解決。ペニスサイズなどコンプレックス克服。ライフスタイルの向上を目的としたブログ。

筋トレサプリ アンチエイジング 若返り ペニスサイズアップ 発毛・育毛 ダイエット 性格を明るくする薬

エイズに感染したら?格安の抗エイズ薬。

こんばんは、時任です。

みなさんはエイズ検査を受けたことはありますか?

時任はあります。市の保健所で無料の検査を受けました。

f:id:bodymaking:20161112205543j:plain

友人に検査を受けた話をすると、みな「エイズにかかるようなことをしたのか?」と聞いてきます。

たぶん、コンドーム無しの複数人との一夜の性交渉や、国内や海外での風俗のことを言っているのだと思います。

時任はそのような生活はしていません。

いろんな女性と次々にセックス出来るほどイケメンではありませんし、風俗にも行きません。

ただ、その疑問は想定内なので、彼女にも検査を受ける前は検査を受けに行くことは言いませんでした。

 

では何故、検査を受けたのか?

それはどんな生活をしていてもエイズ感染の可能性はあるからです。

時任も彼女も、お互いに過去に別の性交渉を持った異性がいます。そしてその異性もまた過去に性交渉を持った異性がおり、その異性もまた。。。と、人と人はリンクしているのです。

そして感染症とは、まさにその人と人とのリンクによって広まるのです。

もちろん、ハデな性生活をしてる人と比べれば、数学的な感染可能性は低いでしょう。

しかし、数学的な感染確率は個人の生活とは必ずしも関係ありません。1000人とセックスして感染しない人もいれば、20人で感染してしまった人もいるでしょう。

 

検査の結果は陰性でした。

しかし、時任は誰でも感染可能性はあると考えているので、エイズ感染した場合についても調べました。

現在では、エイズに感染しても、その発症を抑える抗エイズ薬を飲むことによって、エイズは恐ろしい病、死に至る病ではなくなりました。

その抗エイズ薬ですが、病院で買う場合は保険が効いても高額な薬のようです。

調べてみると、格安の抗エイズ薬が個人輸入代行で買えることを知りました。

f:id:bodymaking:20161117010325j:plain

エイズについて

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)とは人の免疫力を著しく低下させるウイルスで、HIVを含む血液などの体液が相手の粘膜部分に接触することで感染の可能性が出てきます。

感染後に何も治療をしない場合、健康な人には影響のない菌やウイルスによって様々な病気にかかってしまい、数年から数十年の間にエイズ後天性免疫不全症候群)を発症しますが、HIV感染を早期発見して適切な治療を受けることにより、エイズ発症を抑えることができます。

 エイズ発症を抑える抗エイズ

(下にリンクあり)

デュオビル(Duovir)

デュオビル(Duovir)は、エイズの発症・進行を遅らせる作用のあるラミブジン、ジドブジンの2種を配合した薬です。

ラミブジンは、ウイルスの遺伝子複製を阻害し、ウイルスの増殖を抑える働きがあります。もう一つの成分であるジドブジンは、HIVウイルスの細胞に入り込み、増殖を妨げる逆転写酵素阻害剤です。

これらの働きにより、デュオビルはエイズの発症・進行を抑制する働きがある薬です。

デュオビルN(Duovir-N)
デュオビルN(Duovir-N)は、エイズの発症・進行を遅らせる作用のあるデュオビル(Duovir)と同様の成分、ラミブジン、ジドブジンに加え、ネビラピンが配合された薬です。

ネビラピンには強い抗ウイルス作用があり、ラミブジン、ジドブジンとの相互作用により、ウイルスの増殖を抑制します。

デュオビルNは、成分の働きにより、エイズの発症・進行を抑制する働きがある薬です。

◆効果

デュオビル(Duovir)
デュオビルN(Duovir-N)
HIV感染症

※デュオビルN(Duovir-N)は、日本国内で適応がないため、使用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。
※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

◆用法

デュオビル(Duovir)
通常、成人には1回ジドブジンとして300mg及びラミブジンとして150mg(1錠)を1日2回経口投与する。

デュオビルN(Duovir-N)
通常、25kg以上の成人及び小児は、1錠を1日2回経口投与する。

※デュオビルN(Duovir-N)は、日本国内で適応がないため、使用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。

◆注意事項

デュオビル(Duovir)・デュオビルN(Duovir-N) 共通
飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください。
※2回分を一度に服用しないこと。
本剤の有効成分の一つであるジドブジンにより、骨髄抑制があらわれるので、頻回に血液学的検査を行うなど、状態を十分に観察してください。
B型慢性肝炎を合併している方では、ラミブジンの投与中止により、B型慢性肝炎が再燃するおそれがあるので、本剤の投与を中断する場合には十分注意をしてください。特に非代償性の場合、重症化するおそれがあるので注意してください。
薬剤を服用中の方、治療中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
妊娠中・妊娠の可能性のある方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
授乳中の方は、本剤投与中、授乳を避けてください。
室温で保管してください。

■以下の方は本剤を使用しないでください。
好中球数750/mm³未満又はヘモグロビン値が7.5g/dL未満に減少した方
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
イブプロフェン投与中の方

デュオビルN(Duovir-N)
皮膚障害
本剤の投与により、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、過敏症症候群を含め、重篤で致死的な皮膚障害が発現することがあるので、次の事項に注意してください。
・本剤による発疹は、投与開始後概ね18週までに(重篤な発疹は投与開始後概ね6週までに)発現する場合が多いため、当該期間中は特に観察を十分に行ってください。
・重篤な発疹、又は以下の症状を伴う発疹が発現した場合には、本剤の投与を中止してください。
発熱、水疱、口内病変、結膜炎、顔面や四肢等の腫脹、筋肉痛、関節痛、又は全身倦怠感
なお、必要に応じ、専門医を受診させるなど適切な処置を行うこと。
・投与中止後も症状が増悪するおそれがあるため、患者の状態を十分観察をしてください。
・本剤の投与により重篤な発疹、又は全身症状を伴う発疹が発現した方は、再投与しないでください。
肝機能障害
本剤の投与により、肝不全などの重篤で致死的な肝機能障害が発現することがあるので、次の事項に注意してください。
・投与開始に際しては肝機能検査を含む臨床検査を実施し、更に投与開始後6カ月間は少なくとも1カ月に1回、定期的かつ必要に応じて肝機能検査を行うなど、状態を十分に観察してください。
・異常が認められた場合(γ-GTPを除く)には、投与を中止するなど医師の指示に従い適切な処置を行ってください。
・投与中止後も症状が増悪するおそれがあるため、状態を十分観察してください。
・本剤の投与により肝機能障害が発現した方は、再投与しないでください。
女性の方は、本剤使用前に医師にご相談ください。

■以下の方は本剤を使用しないでください。
本剤の投与により重篤な発疹、又は全身症状を伴う発疹が発現した方
重篤な肝機能障害のある方
本剤の投与により肝機能障害が発現した方
ケトコナゾールを投与中の方
経口避妊薬を投与中の方

◆副作用

デュオビル(Duovir)・デュオビルN(Duovir-N) 共通
嘔気、下痢、腹痛、嘔吐、食欲、不振、胃炎、鼓腸放屁、倦怠感・疲労、体脂肪の再分布/蓄積(胸部、体幹部の脂肪増加、末梢部、顔面の脂肪減少、野牛肩、血清脂質増加、血糖増加)、発熱、肝機能検査値異常[AST(GOT)、ALT(GPT)等の上昇]、めまい、発疹

重篤な血液障害(再生不良性貧血、赤芽球癆、汎血球減少、貧血、白血球減少、好中球減少、血小板減少)、乳酸アシドーシス及び脂肪沈着による重度の肝腫大(脂肪肝)、膵炎、横紋筋融解症、ニューロパシー、錯乱、痙攣、てんかん様発作、心不全などの症状が現れる場合があります。

その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

デュオビルN(Duovir-N)
血圧上昇、嘔気、発疹、斑状丘疹性皮疹、発熱

中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、過敏症症候群、肝炎(劇症肝炎を含む)、肝機能障害[AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、Al-P、総ビリルビン等の上昇]、黄疸、肝不全、顆粒球減少、うつ病、幻覚、錯乱、脱水症、心筋梗塞、出血性食道潰瘍、全身痙攣、髄膜炎アナフィラキシー様症状などの症状が現れる場合があります。

その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。
 
◆商品別名(日本名)
コンビビル(グラクソ/スミスクライン)(最終更新日:2014/1/16)
 

デュオビルN(Duovir-N)

 デュオビルもデュオビルNも、リンク先のネットショップで買えます。