読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボディメイキング研究所

身体の悩み、性格の悩みの解決。ペニスサイズなどのコンプレックス克服、ライフスタイルの向上を目的としたブログ。

リオパラリンピック閉会式での名曲「東京は夜の7時」

こんにちは時任です。

リオ・オリンピック閉会式での日本の演出が、日本で話題になりましたね。

音楽を中田ヤスタカ椎名林檎が、ダンスをPerfumeのMIKKOが担当しました。

そしてパラリンピックの閉会式。PIZZICATE FIVEの「東京は夜の7時」が使われて話題になりました。

これは90年代に青春を送った椎名林檎中田ヤスタカ、また今回演出にかかわった人たちの意向ですね。

当時の若者にとってPIZZICATE FIVEは渋谷系とくくられた、洋楽志向の当時の若者に取ってもっともオシャレな音楽であり、東京発のカッコよさを体現しているミュージシャンの一人でした。

世界に誇る、ポップでクールな街「TOKYO」。それを体現していましたね。

女性9

今回の閉会式のアレンジも良かったですが、わたしは以下のアレンジも好きです。

CLUBアレンジ。ピチカートファイブ小西康陽本人のDJですね。

JAZZアレンジ 活動休止後のピチカートファイブの歌手、野宮真貴のLIVE。90年~2000年の渋谷系と言われた曲を歌っています。最近のライブでしょうね。

90年代~2000年の東京もとてもクールでしたね。

あのころの東京にオリンピックがくれば、間違いなくPIZZICATE FIVEはその演出の音楽に関わっていたでしょう。

椎名林檎の、先人への敬意が感じられた演出でした。